風町鉄道の車両

風町鉄道KR700系(作成:時崎インダストリー社)

2014年7月1日に営業運転を開始した、当社1代目の車両です。時崎高速鉄道

中島線と直通運転できるよう、同社のNCT700系と共通の構造で設計されて

います。4両目のロゴの「KR」は「Kazemachi Railway」を表しています。

基本4両編成で、主に時崎高速鉄道線中島~風町鉄道風町間を運行しています。


編成表

←風町  鶴岡公園→

711-712-713-714

721-722-723-724

731-732-733-734

741-742-743-744

751-752-753-754

761-762-763-764

風町鉄道TRDeltaⅡ(作成:時崎インダストリー社)

2014年12月19日に風町鉄道に導入された、当社初の電気機関車です。

時崎高速鉄道線の別の区域「時崎区域」では、同系列の車両が運転されて

いますが、同区域の車体は20mとなっています。

鉄道業界からは、当車両は「18m級初の電気機関車」としても注目されています。

通常時は、本町車庫にて留置されています。


編成表

←風町  鶴岡公園→

D091

D092

D093

風町鉄道TRDelta-i(作成:時崎インダストリー社)

2015年2月に風町鉄道が時崎インダストリー社にTRDelta-iの18m級車両を発注し、

3月3日に3両2編成が導入されました。風町鉄道風町本線だけでなく、時崎高速鉄道

中島線の検測を目的としても導入されています。交直流も走行でき、非電化の区間

においては蓄電装置を搭載する「TRDeltaⅡ」の牽引により走行できます。検測は

通常時、風町鉄道風町本線は昼間、早朝深夜は中島線で検測を行います。通常は

本町車庫や吉山の留置線に留置されていて、4月から運用を始める予定です。


編成表

←風町  鶴岡公園→

D098A-D098B-D098C

D099A-D099B-D099C


風町鉄道KR400系(作成:時崎インダストリー社)

2015年6月1日に営業運転を開始した、最新型の車両です。時崎高速鉄道中島線と

直通運転できるよう、同社のN400系と共通の構造で設計されています。当社で

初めてヘッドライトにLEDを採用し、経費削減を徹底しています。2編成が導入

され、主に中島線稲崎~風町鉄道線風町間を運転しています。

 


編成表

←風町  鶴岡公園→

419-429-439-449

410-420-430-440

乗り入れ車両(時崎高速鉄道中島線)

時崎高速鉄道TR100系


時崎高速鉄道NCT600系


時崎高速鉄道NCT700系


時崎高速鉄道N800系


時崎高速鉄道N400系


時崎高速鉄道F100系(作成:特別急行平和様)


時崎高速鉄道F200系(作成:特別急行平和様)


時崎高速鉄道F550系(作成:特別急行平和様)